肌を食べ物で白くする方法

肌を食べ物で白くする方法

毎日の食べ物で美白を目指す

肌を白くする方法には、美肌に良い食べ物を摂取するのが合理的です。即効性はありませんが、誰でも実行可能なのがメリットです。

 

肌を白くする方法は、美白成分の摂取が効果的ですが、ビタミン類では、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、まとめてビタミンACE(エース)です。ビタミンAは乾燥予防、ビタミンCはシミ・そばかすに適しています。ビタミンEは、抗酸化成分で、ビタミンCと一緒に摂ると、美白効果が向上する成分です。

 

具体的には、ビタミンAは、ホウレンソウ、ニンジン、カボチャ、うなぎ、レバー、牛乳などに、ビタミンCは、ジャガイモ、キャベツ、ピーマン、いちご、レモンなどの食べ物に多く含まれます。特にトマトは、抗酸化力の高いリコピンという成分が、美白効果を高めてくれます。

肌が黄色くなる?柑皮症にも注意

ビタミンEを多く含む食べ物は、ホウレンソウやカボチャなどの緑黄色野菜に、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類に多く含まれます。幸い、身近な食材が大半で、食べ物で肌を白くする方法は、比較的かんたんな部類に入ります。

 

ただし、食べ物で白くする方法の実行は、「ばっかり食べ」にならないよう注意が必要です。特に最近では、柑皮症にかかるケースが多発していると言います。

 

柑皮症は、かんきつ類の過剰摂取で、肌が黄色くなる病気で、従来は子どもの病気とされていたのですが、最近は若い女性も急増中です。
原因は、ダイエット目的で野菜・果物に偏った食事による、緑黄色野菜などに多いカロテノイドの過剰摂取です。カロテノイド摂取は日に300g以内なら問題ないとのことで、肌を白くする方法は、食べ物をバランス良く、伝統的な「三角食べ」が、効果的のようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ