肌を白くするパック

肌を白くするパック

肌を白くするパック

肌を白くするには、パックという方法もあります。費用的なこともあって毎日やるのは無理があるにしても、週に1、2回は、美白のために一肌脱いで、奮発する価値は大です。

 

美白成分が入ったパックは、市販品が利用できます。値段はまちまちで、高価なものは、さすがにつけ心地が良く、白くする作業のかたわら、リラックス効果も得られそうです。安価なものでも、やらないよりはましですから、気に入ったものを見付けたら、使い続けるのがベターです。

 

ですが、よりリーズナブルには、手作り感覚を取り入れるのも一興です。マイペースで肌を白くする方法なので、安心感が違います。

 

例えば、すでに美白化粧品を愛用中なら、それを洗顔後に市販のマスクシートやコットンにたっぷりと含ませ、顔にのせるのでもOKです。美白化粧品も、ただ顔に塗るだけよりも、ちょっと手を加えてパック化し、肌にじんわりと浸透させれば、白くする効果は格段に違うはずです。

お米のとぎ汁を使ったパックという手も

さらにリーズナブルにというなら、お米のとぎ汁を使ったパックもオススメです。通常は、捨ててしまう、とぎ汁は、肌を白くする成分の宝庫でもあるのです。

 

とぎ汁パックも、やり方は同様で、マスクシートやコットンに、とぎ汁を含ませ、顔にのせます。数分したらシートやコットンをはずし、ぬるま湯ですすいだ後は、普段のスキンケアに戻ればOKです。

 

衛生のため、とぎ汁は冷蔵庫に保管し、4、5日で使い切るくらいがベストです。スプレーボトルに保存すれば、使う時に便利です。

 

パックの翌日は、肌の調子が違うことが実感されるでしょう。やる・やらないの差は、5年、10年たって際立ってくるはずです。是非とも習慣化したいものです。

ホーム RSS購読 サイトマップ