肌を白くする整形

肌を白くする整形

肌を白くする整形

肌を白くする整形方法は、現在では、医療機器の進歩もあって、以前にもまして安全に確実に行われるようになっています。レーザーと一言で呼ばれることが多いのですが、整形外科では、(狭義の)レーザー、光治療器、赤外線など、エネルギーを照射する方法は、今や花盛りです。

 

肌を白くするという触れ込みの医療機器は、カタカナ語がいろいろとでてきますが、その実は機器の名称に由来し、エネルギーの特性を生かして製造されています。現在、整形外科で主流になっているのは、レーザーと光治療器です。

 

レーザーは、治療したい部分のみを効率よく熱し、余分になった細胞を瞬時に炭化させ、気化させて取り除く機器です。整形外科では、メラニン色素など狙った部分を、周りの細胞や組織にダメージを与えずに、選択的にエネルギーを吸収させます。肌を白くするには、シミなどをターゲットにして、エネルギーを与えることで、メラニン色素など目標物を破壊していきます。

整形外科へはどのくらい通院する?

また、光治療器の方は、IPLとも呼ばれ、整形外科では商品名のフォトフェイシャルで有名です。レーザーが単一波長の光なのに対し、可視光を含む広域の波長の光を一度に出します。肌を白くするには、フィルターをかけ不必要な波長をカットし、フェイシャル用の波長が使用されます。

 

光治療器は、レーザーと比較して、効果がマイルドなのが特徴です。痛みは殆んどなく、あるとしても輪ゴムで弾く程度。顔全体に及んだとしても、所要時間は2、30分程度です。1回の治療で効果が実感できるのがメリットですが、シミの大きさ次第では、肌を白くするため、3週間くらいの間隔をあけ、5、6回以上、整形外科に通院するのが普通です。

ホーム RSS購読 サイトマップ