肌を白くする食べ物

肌を白くする食べ物

肌を白くする食べ物

紫外線にあたると、メラニン色素を合成する酵素が活性化され、色が濃くなったり、数が増えたりするので、肌を白くするには、日光になるべく当たらないようにすることです。その上で、ビタミンCを多く含む食べ物を多めにとるようにすれば、より効果的です。

 

ビタミンCは、細胞内における酸化還元作用を促進し、新陳代謝機能を高めます。ビタミンCが豊富な野菜や果物をふんだんに摂りたいものです。

 

特にオススメの食べ物が、キュウリやトマトなどの野菜類、リンゴ、ミカン、レモンなどの果物類です。特にトマトは最近、リコピンという成分が美白成分としても、評判になっている食べ物です。リコピン配合のサプリメントが人気なのも、それだけ肌を白くする願望を抱えたユーザーが多いことの表れなのでしょう。

ヨーグルトや海苔なども有効

他には、ヨーグルトもオススメです。ビタミンB2、良質のたんぱく質、カルシウムなど、美白成分の宝庫。また、ヨーグルトにビタミンC豊富なミカンやイチゴをプラスすると、肌を白くする効果がいっそう高まります。

 

加えて、海苔もビタミンC豊富で、美白に有効な食べ物です。またビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2もあり、メラニン色素の沈着防止に効果的です。シミ・そばかす予防に、あらゆる料理に忍び込ませ、できるだけ多く摂るようにしたいものです。

 

なお、肌を白くする食べ物を積極的に摂るのは、殊勝な心がけですが、やり過ぎはNGです。最近では、ダイエット称して野菜や果物に偏るあまり、柑皮症、すなわち肌が黄色くなる病気にかかる若い女性が急増中だと言います。白くすることに夢中になる余り、食事バランスを崩しては、健康そのものが崩壊してしまいます。

ホーム RSS購読 サイトマップ