肌を白くする注射

肌を白くする注射

肌を白くする注射

肌を白くするには、注射を打ってもらう方法があります。即効性が高いのがメリットで、事情があって(どんな事情?)緊急性が求められる際に、力を発揮してくれます。

 

現在、病院で比較的多く使われる成分は、ビタミンCです。よく知られるように、ビタミンCは抗酸化力が高く、紫外線ダメージを抑えることで、メラニン色素を目立たなくし、肌を白くしてくれます。

 

ビタミンCは、野菜や果物に豊富な成分としても有名ですが、注射でダイレクトに注入することで、即戦力として体のすみずみに行き渡ります。美白の他、ハリをもたらすコラーゲンの増殖作用、ストレス軽減効果などもあり、アンチエイジングに有益です。

 

特に喫煙者の場合、タバコのニコチンは、ビタミンCを壊すため、肌を白くするために、非喫煙者の1.5倍ほどの注射が必要になります。仮にビタミンCは、過剰摂取しても、余剰分は尿中に排泄されるので後腐れがなく、副作用もないのがメリットです。

プラセンタ注射も注目

また、最近では、プラセンタ注射も注目を集めています。プラセンタは、胎盤に由来する素材であり、副作用の心配が基本的に不要なのもメリットに挙げられます。

 

体験談を見ると、プラセンタはがいして評判は上々のようで、かなりの即効性があるとのことです。肌を白くするだけでなく、しっとりと透明感までも出てきて、体の調子も好調など、相乗効果もあって好評のようです。

 

ところで、美容目的の注射は、何回打ってもらえば良いのかというと、1回で終わりというのではなく、2週間に1、2回は最低ラインとして必要です。肌を白く保つためとはいえ、健康保険がきかず、費用が月に数千円に達するのは、唯一と言ってよいデメリットです。

ホーム RSS購読 サイトマップ